エージェント業務内容">エージェント業務内容

エージェント業務内容

JFA【日本サッカー協会】が掲げていた選手エージェントの定義は以下でありました。

  1. 選手とクラブの契約/再契約の交渉に関して選手の代理をする
  2. 選手を移籍させる目的で、二つのクラブを相互に紹介する
  3. その他、契約交渉に関して選手またはクラブの利益を代行する

以前の選手エージェントはFIFA【国際サッカー連盟】の試験に合格して、各国の協会より認定を受けて選手(クライアント)の代理として所属クラブとの様々な契約交渉を行うことが主な仕事でありました。

2015年4月1日より、FIFAがルールを変更して仲介人制度となった中でも、

『プロフェッショナルとして、大きな対価を得る存在』

『世の中から尊敬される存在』

『誰からも愛される人間力がある存在』

社会的影響もあるプロのアスリートが上記のような立場になるためにも、セカンドキャリアも視野に考えながら、サポートをするのが仲介人の大切な生業であると思っております。

長いようで短いと言われる選手生活の中で、アスリートならばよりレベルの高いステージや評価が高いチームでプレイしたいと思うのは自然なことかもしれません...

しかしながら日々、競技生活に集中している中で自身の目標を達成することは簡単なことではありません。

毎年のシーズン終了後の契約交渉や、所属クラブの年棒以外での各種の条件交渉。スポーツメーカーとの交渉など専門知識が必要になればなるほど、契約交渉のプロが必要といえます。

また、もし他のクラブを探さなければいけない状況の場合はシーズン中から弊社のネットワークを駆使して効果的なサポートをする中で、最良の選択をして目標を達成します。

そして優れた仲介人は、アスリートの立場を尊重して所属クラブとコミュニケーションを取る。正確な情報を把握し双方の利益を考えて関係をより強化するための潤滑油となってパートナーとして支えるものであります。

Comments are closed.